まるしん 削り節
丸眞 株式会社
 
特定商取引表示
HOME
丸眞のかつおぶしについて
商品紹介
関連リンク集
お客様レポート
  image1
HOME > 丸眞のかつおぶしとは > 作業工程
 

風味のいい削りたてを、いかに長時間保てるか。
お客様の高い要望やニーズを、いかに実現するか。
そのために、仕入れから一貫して、高品質な商品づくりを行っています。
特に加工工程においては、こだわりの製法を創業時から守り抜いています。

 

厳選された鰹節を水でしっかりと洗い、加工準備のためキレイな状態にします。
     

遠赤外線を使って、焙焼することにより鰹節の芯から温めます。余計な水分を飛ばし、パリッとした削りに仕上がります。
また、優れた殺菌効果もあります。

     

強力な14枚刀の削り器で、鰹節を削りだします。

     
刀の厚さは徹底管理されているため、均一の厚さの削り節が素早く削りだされます。
     
下から冷風を入れて、上から風を吸い上げることで効率的に冷やされます。
一気に水分を飛ばしてながら冷やすので、短時間で削りたてをそのままパック詰めできます。
     
極力、人の手を触れずに、自動で振り分けて計量します。
     
酸素が通り抜けない特殊な三重構造の袋に、定量を袋詰めします。
     
削りの工程から5分以内でパッキングが可能です。酸素がほぼ残存しない方式を採用していますので、袋をあけるまでは風味の良いフレッシュな状態を保ちます。